顔のくすみをメイクで隠す

気になる顔のくすみは、メイクをうまくすることで大部分をカバーすることが可能です。根本的には地肌のくすみを治すことが大事ですが、応急処置という意味で目立たなくするためには、良いメイクの方法を知っておくと便利です。

 

メイクの際は、ファンデーションの前に肌色補正効果のある色のついた化粧下地を塗るのが有効です。コントロールカラーはイエロー系を用いるのが効果的で、できてしまったくすみも自然に肌の中に溶け込んで見えるようになります。

 

もしも、黄色いくすみが生じている場合にはパープル系のコントロールカラーが有効になります。色によって使いわける必要があるので、どのカラーを使った方が最もくすみがきにならないか、色々試してみてください。

 

部分的なものは、くすみのある部分にだけコントロールカラーを使用します。全体的にくすんでいる場合は、全体に使うようにしましょう。不自然さを避けるためには、顔の中心から外に向かうに連れて薄くなるように作るのが良いです。

 

また、盲点となりがちなのが首との境界で、ここで不自然になりがちですので注意してください。

 

化粧下地は、塗った時から時間経過によって崩れてしまいますから、数時間後の状態までしっかり確認してから選ぶようにすると失敗が少なくなります。

 

化粧のノリを良くするにも、くすみを治すにも、やはり「保湿」は重要ですから、普段からしっかりと保湿を心がけるようにすることが基本になります。メイクの有無に関わらず、毎日のスキンケアで保湿は力を入れて行うようにしましょう。