乾燥によるくすみの改善を

肌のくすみの原因には乾燥がひとつ挙げられます。もしも夕方になった時に顔がくすんでくる、という場合は、日中に肌が乾燥してしまい、また体の血行が悪くなっていることが原因である可能性が高いです。

 

肌の乾燥を避けるためには当然ながら肌の保湿をしっかりすることが大事で、可能なら途中で肌に水分補給ができればベストです。肌が保湿力を保っていることによって、周囲の空気の乾燥度合いに関わらず肌の乾燥を抑えることができるようなりますから、しっかりと日々スキンケアして保湿力アップに励みましょう。

 

保湿の上で有効な成分はセラミドですから、なるべくセラミド配合のローションやジェルを利用するようにするのが良いでしょう。化粧水などもなるべく水分補給がしっかりできるものや、保湿力の高いものを選ぶようにしてください。

 

特に冬場は肌の水分が不足しがちで、さらに暖房がそれに拍車をかけてしまいがちです。また、水分の摂取が少なくなりがちで、全身に水分不足が生じやすくなっていますので、肌は乾燥しやすくなります。

 

顔周りについてはマスクを着用するだけでもだいぶ変わりますので、ぜひ試してみてください。また、環境を良くするために加湿器の利用もオススメしたいと思います。

 

そして、血行対策も必須です。同じ姿勢が続くと血行が滞ってしまいますから、適度な運動をすることが大事です。

 

他にも食生活や睡眠などの習慣も、肌の保湿力や血行に大きな影響を与えています。これらの習慣を意識的に改善するようにして、肌のくすみの改善を目指しましょう。