くすみ改善化粧品のおすすめは?透明感ある肌を作るのはこれ

くすみ予防の正しいクレンジング

 

スキンケアにおけるクレンジングの目的は、洗顔の前にメイク汚れが落ちやすくなるように油分の混じった汚れを浮かせておくことです。基本的にメイクをしている人や、油分の強い日焼け止めなどを使っている人が行うべきものですが、誤った方法によってくすみの原因としてしまうこともあるようです。

 

たとえば、クレンジングで最も効果的と言われるオイルタイプのものは、油と油ですから汚れと混じりやすく、浮かびあがらせる効果が非常に高くなっています。しかし、これは汚れだけでなく皮脂もごっそりはがしてしまう可能性があります。クレンジングでは乳化といって油分を固めて浮かばせるわけですが、それが皮脂に対しても起こります。

 

すると、洗い上がりは油っけのないサッパリした状態になりますが、皮脂は肌から蒸発する水分をブロックして水分を保つ役割をしているので、これがないことで肌は乾燥しやすくなってしまうのです。オイルは使うにしても特に気になる部分に少量だけにして、クリームタイプなどの少し弱いクレンジング剤を使うのが肌にとってはやさしいクレンジングとなります。

 

また、クレンジングをしながらマッサージをするのも肌に対してダメージを与えてしまい、肌トラブルの原因になるのでやめましょう。拭き取りタイプのクレンジング剤もありますが、これも結局同様の理由で肌にダメージとなりますし、洗浄力も中途半端でかえって肌にとっては害が大きいということができます。

 

肌のダメージはそれだけ肌質の悪化につながり、くすみやシミ、そばかす、ニキビなどを起こす原因になりますから、正しいクレンジング、やさしいクレンジングをいつも心がけるようにしましょう。

 

くすみを改善するためには

 

理想の肌のイメージとして、赤ちゃんの肌があります。やわらかく、みずみずしく、もっちりとしていて、かつ白い。まさに天使のような肌をしているのが赤ちゃんです。大人になれば、肌はくすみや様々な乱れを少なからず持つようになります。ニキビや傷といった目だったものはなくても、くすみはほとんどの人に存在しています。

 

肌のくすみとは、皮膚の色が黒や黄色・茶褐色などに変化してしまって、肌の色のばらつきが生じている状態です。主な原因は紫外線や乾燥による角質の肥厚化、血行不良、糖化などが考えられています。そして、それによってできたくすみが、ターンオーバーの乱れによって適切に取り除かれず、肌に沈着してしまっている状態が問題になります。

 

くすまないようにするためには、顔の状態を清潔に保つことで、特にメイクの洗い残しなどには注意する必要があります。また、血行の改善も重要で、肌のターンオーバーを守り、そして自然な赤みをもって健康的な状態にするためには血流が良好な状態を保つ必要があります。食事や運動に気をつけておくことが大切です。

 

ターンオーバーを正常化することがくすみ対策には重要ですが、そのためにピーリングは良く使われている方法です。ピーリングは肌の角質を溶かして落としやすくしてくれるので、それによってターンオーバーが促進されます。くすみだけでなく、シミやシワ、ニキビ跡など、肌トラブルに幅広い効果が期待できます。

 

くすみがなくなるだけでも、若々しくエネルギッシュな印象を与えてくれます。肌の白さが不健康では意味がありませんよね。ワントーン明るい肌は生活習慣から始まりますから、不健康な習慣はひとつひとつ改善していくようにしましょう。それがくすみの除去につながっていきます。

 

くすみの改善に塩風呂が効果的

 

くすみの原因には「血行不良」が挙げられるのですが、この解消のためには当然ながら血行を促進することが有効です。血行促進には運動や食事の改善などいろんな方法がありますが、人によってはハードルが高く感じられるかもしれません。誰でも簡単にできる血行促進方法といえば、やはり入浴時間の有効活用ではないかと思います。運動はしないことがあっても、入浴しないことはほとんどありませんよね。

 

入浴をすることで体が温まり、血行が改善されるので、それでくすみが改善されていくわけですが、この時に注意したいのがシャワーではダメだということです。血行を改善させるためには、体の内部までしっかり温めることが重要ですから、手早くシャワーで済ませると良くありません。

 

オススメなのが塩風呂です。塩に含まれているナトリウムが、お湯の保温効果や温熱効果を高めてくれるので、体の芯まで温まりやすくなるのです。温泉や入浴剤の成分としても必須と言ってもいいくらいに入っているのがナトリウムですし、温泉の成分の中には化学的に考えてみるとナトリウムを含むものが多いので、そのために体がポカポカするのです。

 

塩風呂のやり方は、市販の天然塩を、大さじ数杯、湯船に入れるだけ。精製された食塩にはミネラル分が少なくなっているので、あまり有効な効果が期待できません。天然塩にこだわって使いましょう。塩サウナというものもありますが、あれも基本的には同様の効果を持っています。ただ、塩サウナの場合は塩を体に塗りつけることによって、体内の汗を塩に吸着させて汗が良く出るようにしたり、塩のミネラル分を肌から直接取り込む効果が期待できます。

 

くすみに炭酸パック

 

顔のくすみを解消するために様々なスキンケアを行っている人は多いでしょう。その中でも、肌の変化を実感させてくれるフェイスパックは人気者です。最近はこうしたパックを、いろんなもので作ることが増えていて、身近にあるものから効果の高いパックを様々に作る人もいるそうです。ハチミツパックや、ヨーグルトを利用したホエイパックなどは有名になってきましたね。

 

さて、炭酸パックという方法が注目を集めるようになってきました。炭酸パックに含まれている炭酸ガスが、血管を拡張して血行促進効果を発揮するので、肌に自然な赤みが生じるようになって血行不良によるくすみにダイレクトに効果を発揮します。また、血流が良くなることで新陳代謝がアップし、ターンオーバーが促進されますし、老廃物の排出効果もあります。

 

炭酸パックは弱酸性ですから、古い角質を落としてくれる効果もあります。そのため、肌がなめらかなツルツルの状態になりますから、効果をすぐに実感することができます。こうした炭酸パックは、継続的に行うことでターンオーバーが活性化していくので、一回やって終わるよりも、定期的に続けて行うことが重要です。一定期間続けていると、ターンオーバーによる肌の変化をしっかりと確認することができます。

 

多くの人が炭酸パックの効果を実感していることがネット上のクチコミでも確認できますから、まだ試したことのない人はぜひやってみてくださいね。比較的広い年代で効果が現れている方法ですから、加齢の影響が気になるという人でも大丈夫です。

 

くすみ対策に背中の運動

 

血行不良による顔のくすみは、血行を改善することによって即効性がありますし、くすみの中でも比較的簡単に改善できるものですから、普段から血流改善のための努力をしておくことは肌の美しさを保つ上でとても大事なことであると言うことができます。

 

血行促進のためにはツボ押しやマッサージ、またサウナや入浴といった方法もありますが、毎日続けるのは簡単ではないという面があります。毎日、ちょっとしたところで可能な運動を行うことでも大きな改善効果がありますから、ぜひ運動を行ってみてください。

 

特に、効率よく血行を改善するための運動、特に顔の血行促進に効果的なのは実は意外な部分の運動で、その部分とは背中です。背中には主要な血管が通っていますし、大きな筋肉も多くなっているので、ここを動かすことで体を温め、顔だけでなく、体全体の血行促進の効果が見られます。それなのに背中は普段あまり動かさないので、ここから受けることができる恩恵を受けていない人が多いのです。

 

ではどのようにするのがいいかと言うと、まずは背伸びです。大きく伸びをするだけでもたくさんの筋肉が刺激されますから、それによって血行が改善されるようになります。そして、上半身だけでランニングの動きをしてみましょう。左右の腕を大きく前後に振りながら、気持ち体をねじってみたりするのも良いでしょう。

 

また、左右の肩甲骨を寄せるようにしてみたり、腰の後ろで腕を組んで腕を上下させてみたり、いわゆる前後屈の運動を繰り返すのも効果的です。特に背中でも上部の筋肉を刺激すると、首や肩のこりもほぐれて頭部への血行が良くなりますのでオススメです。